携帯3社の新プラン「ahamo」「povo on au」「SoftBank on LINE」ざっくり比較まとめ、auが20GB月額2480円でリードするも各社に武器

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどKDDIが発表した「povo on au」をもって、出そろった大手3社の格安プラン。

コスト削減のためにオンライン専用となり、店頭でのサポートを受けられない点は共通ですが、はたしてどのような違いがあるのでしょうか。詳細は以下から。

◆主な仕様は各社共通
「ahamo(アハモ)」「povo on au(ポヴォ オン エーユー)」「SoftBank on LINE(ソフトバンク オン ライン)」に共通する仕様をざっくりまとめるとこんな感じ。店頭でのサポートが不要な若年層はまず間違いなく契約しておいて損のない内容です。

・申し込みはオンラインのみ
・メインブランドと同品質のネットワーク、エリア
・月間20GB利用可能、超過後は1Mbps使い放題
・追加データは1GBあたり500円
・4G/5G対応(auは今夏から5G対応)
・キャリアメールなし
・テザリング料金不要

◆月額料金は「povo on au」が最安
月額料金は2480円のauが最安。ただしこれはahamo、SoftBank on LINEでは最初から付属している「5分間通話定額」がオプション扱いのためで、加入した場合は3社とも同じ月額2980円になります。

ahamo:月額2980円
povo on au:月額2480円
SoftBank on LINE:月額2980円

音声通話をほとんど利用しないユーザーも増えている昨今を踏まえると、「とにかく安く済ませたい」というニーズにも応えられるauに分がありそうです。

◆「ahamo」「povo on au」「SoftBank on LINE」の武器は?
「月間20GB使えて5分通話定額込みで月額2980円、超過時は1Mbps」という点では横並びとなる3社の格安プラン。差別化のため、携帯各社は以下のような特徴を打ち出しています。

・ahamo
月間20GBのデータ容量を追加料金なく海外82の国々・地域で利用可能


・povo on au
「24時間データ使い放題200円」など、必要に応じて使えるトッピング


・SoftBank on LINE
「LINEがギガノーカウント」でLINEトーク/LINE通話が使い放題


新型コロナ禍では難しいもののahamoは海外旅行に強く、povo on auは固定回線のトラブル時や突発的に通信量が爆増する場合などにも対応でき、SoftBank on LINEはLINEが使い放題に。

人によって何が大事かは異なると思われますが、データ通信を重視するのであれば確実にauに分がありそうです。

・関連記事
au新プラン「povo on au」は月額2480円で20GB、24時間データ使い放題200円などのトッピングもありデータ定額やUQ mobile料金改定も | Buzzap!

au新プラン「povo on au」発表まとめ、「20GBで月額2480円」や柔軟な内容で他社をリード | Buzzap!

【コラム】ドコモ新料金プラン「ahamo(アハモ)」の「月額2980円」にauやソフトバンクが対抗プランを即座に出せないワケ | Buzzap!

auとソフトバンク、サブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)とのブランド乗り換え時の手数料を無料化など見直し | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング