auとソフトバンク、サブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)とのブランド乗り換え時の手数料を無料化など見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯各社のマルチブランド戦略が有名無実化しそうです。詳細は以下から。

KDDIおよびソフトバンクのプレスリリースによると、両社はそれぞれのサブブランドとメインブランド間の意向を円滑化させるべく、乗り換え時にかかる手数料を刷新するそうです。

まずはKDDI。2021年2月以降に「au」「UQ mobile」のブランド間の移行で発生する手数料(契約解除料最大9500円、番号移行手数料3000円、auの新規事務手数料3000円、UQ mobileのSIMパッケージ料金3000円)が見直されます。

さらに2021年夏以降、ブランド間の移行に係る手続きを、料金プラン変更と同様のよりシンプルな手続きに変更するとのことで、詳細は別途案内するとしています。


続いてはソフトバンク。「ソフトバンク」「ワイモバイル」間の移行について、2021年春から契約期間・料金プランにかかわらず、契約解除料(9500円)を無料にするほか、ウェブで手続きすると契約事務手数料が無料になります。

・関連記事
【コラム】ドコモ新料金プラン「ahamo(アハモ)」の「月額2980円」にauやソフトバンクが対抗プランを即座に出せないワケ | Buzzap!

楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も | Buzzap!

auがAmazonプライムのセット割やDAZN提供、5Gエリア拡大を発表、「データ使い放題」を武器に5Gを積極展開へ | Buzzap!

本体0円、通信料1年無料の「Rakuten WiFi Pocket」を楽天モバイルが発売、WiMAX 2+などの使い放題サービスに対抗 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング