文化庁長官にJASRAC特別顧問の都倉俊一氏が就任へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



音楽ファンの多くから蛇蝎の如く忌み嫌われるJASRACの特別顧問が文化庁長官に就任します。詳細は以下から。

政府は3月5日の閣議で、3月末に任期満了の宮田亮平文化庁長官の後任に、JASRAC特別顧問で作曲家の都倉俊一氏を充てることを決定しました。文化庁長官の民間人起用は3代連続で7人目です。

都倉俊一氏日本作曲家協会常務理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)会長などを経て2016年4月にJASRAC特別顧問に就任。また山口百恵さんの「ひと夏の経験」やピンク・レディーの「ペッパー警部」などの数多くのヒット曲を手掛けた作曲家としても知られます。

私たちの音楽利用はどうなってゆくのか、一抹の不安が残りそうな人事となっていますがJASRACは2016年には絵画やマンガ、小説など音楽以外の著作権管理への進出に意欲を示しており、2017年には音楽教室からも著作権料徴収するとしてヤマハ他多くの音楽教室から集団提訴されました。

この裁判は地裁ではJASRAC側の言い分が全面的に認められ、控訴審判決は今年の3月18日に言い渡されることになっています。

・関連記事
二次創作に打撃か、JASRACの新理事長が絵画やマンガ、小説など音楽以外の著作権管理への進出に意欲 | Buzzap!

JASRACを使ってデモを攻撃しようとした自民・小野田議員が自爆、逆に著作権料を支払わされる | Buzzap!

270社の音楽教室運営会社・団体がJASRACを集団提訴へ | Buzzap!

「教室での演奏には著作権は及ばない」ヤマハがJASRACを提訴へ、全面対決の構え | Buzzap!

JASRAC「CDの売り上げ落ちて儲けが減ったから音楽教室からも著作権料徴収するよ!」→強欲すぎて大炎上 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング