スエズ運河座礁のコンテナ船、その直前の航跡が「どう見ても巨大なアレ」と話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界の海運の要所として知られるスエズ運河が巨大コンテナ船の座礁で通行不能となっていることは大きなニュースとなりました。

ですが、その船が座礁の前にのこした航跡が「あるもの」に似ていると話題になっています。詳細は以下から。

世界で最も交通量の多い水路のひとつとして知られるスエズ運河。3月23日に全長400mの巨大コンテナ船「エバーギブン」が運河をふさいだ形で座礁し、紅海と地中海を行き交う100隻以上の船が足止めされています。


突然の強風が原因と説明されていますが、船舶位置のリアル追跡サイト「VesselFinder」はエバーギブンがスエズ運河に入る前の待機時間の奇妙な動きを指摘しています。それが以下の動画。


その航跡が示すのはふたつの丸とひとつの棒。ゴシップ誌METROはこれをデフォルメされた巨大な男性器に見えると指摘。確かに見えなくもありません。



なおVesselFinderのスポークスマンも「陰謀や虚偽の入り込む余地はない」とし、同船の航跡は本物と明言。

実際に位置情報を用いて絵を描くという表現は以前から広まっており、2020年には日本で初の全国大会が開かれるまでになっています

コンテナ船の船長がこうした「お遊び」を行った可能性もありますが、直後の重大事故との関係を指摘されることにもなりそうです。

・関連記事
地球の広さと人間の営みを駆け抜ける、コンテナ船の紅海から香港までの30日の旅程を描いたタイムラプス映像に息を呑まされる | Buzzap!

【コラム】黒船来航にも影響?19世紀のマッコウクジラが捕鯨船の攻撃パターンをシェアし、回避率を爆上げしていた | Buzzap!

すべては海の藻屑に…沈没する軍艦の内部に仕掛けられたカメラの動画が圧巻 | Buzzap!

【動画】ビキニ環礁での核実験で沈められた航空母艦サラトガの現在の姿はどうなっているのか? | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング