チャップリンのコスプレをする若き日のマイケル・ジャクソン、最高にかわいいことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界的なシンガー、マイケル・ジャクソンのルーツにはあのチャップリンがいました。確かにマイケルのダンスや動きには、喜劇王チャップリンの影響をそこかしこに感じ取ることができます。

そんなリスペクトするチャップリンのコスプレをした、なんともかわいらしいマイケルの若き日の写真です。詳細は以下から。

マイケル・ジャクソンは1979年にイギリスのチャップリンがかつて暮らしていた街を訪れ、チャップリンそっくりの服を地元の店で購入。モノクロの写真を撮影しました。

マイケルはその4年後の1983年にも再びチャップリン風の服に身を包んでさらに写真を撮影しています。その際にマイケルは「これは自らのアートで世界の核心に触れ、人々を泣き、笑わせた偉大な人物の記憶だ。あなたはいつも僕の心の中にいる。大好きだよ、チャーリー・チャップリン」という言葉を残しています。













なお、マイケルはチャップリンの作曲した「スマイル」という曲を1995年にカバーしています。この曲は「モダン・タイムス」のテーマ曲となった器楽曲で後にジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズがが歌詞とタイトルを付けています。

・関連記事
マイケル・ジャクソンやストーンズ、ニルヴァーナなどの名盤が発売された当時の発掘TVCM集 | Buzzap!

旧ソ連崩壊直前に160万人が集結、メタリカのモスクワでのライヴ映像が途方もなく圧巻 | Buzzap!

【完全無料】伝説のジャムバンド「グレイトフル・デッド」の1万5000本にも及ぶ超巨大アーカイブ | Buzzap!

AIがニルヴァーナ、ドアーズ、ジミ・ヘンドリックス、エイミー・ワインハウスの「新曲」を作曲 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング