AIがニルヴァーナ、ドアーズ、ジミ・ヘンドリックス、エイミー・ワインハウスの「新曲」を作曲

このエントリーをはてなブックマークに追加



27歳で没した伝説的シンガーたちの新曲をAIが作曲したという、聴いてみたいような怖いような楽曲が公開されています。詳細は以下から。

27歳。それは多くのアーティストがその命を終えた年齢。そんな若くしてこの世を去った彼らの新曲をAIで作ろうというのが「Lost Tapes of the 27 Club」というプロジェクトです。


その中でニルヴァーナのカート・コバーン、ドアーズのジム・モリソン、ジミ・ヘンドリックス、エイミー・ワインハウスの4人が今回選ばれました。

GoogleのMagentaというAIを用いてそれぞれの楽曲を解析し、インストゥルメンタル(器楽)曲を作成。その後ニューラルネットワークで歌詞を生成します。

Magentaはまず楽曲のピッチやリズムをシンセサイザーのデジタルコードに翻訳。その後アーティストの用いる独特の音符やリズム、ハーモニーなどから楽曲を作りあげます。

その際、楽曲の要素をボーカルやギターなどに分解し、通した後で合わせています。曲全体をいっぺんに作ろうとすると大混乱になり、しかも90%は聴けたものではなかったとのこと。それぞれの楽曲は以下のとおりYouTubeで公開されています。

ニルヴァーナ「Drowned in the Sun」


ドアーズ「The Roads Are Alive」


ジミ・ヘンドリックス「You’re Gonna Kill Me」


エイミー・ワインハウス「Man,I Know」


さてこれらの「新曲」、どこまで彼らの魂を感じられたでしょうか。

・関連記事
AIが有名アーティストたちの「曲調」を真似た楽曲が音楽版「不気味の谷」に | Buzzap!

AIが作詞作曲したカントリーミュージックの楽曲、不気味の谷に突入する | Buzzap!

AIがアニメイラストを自動生成するサイト「This Anime Does Not Exist」が話題、脳がバグるディテールの異世界感がたまらない | Buzzap!

4人の魂を感じる?人工知能がビートルズのタッチで作曲した「Daddy's Car」 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング