スマホの「ながら充電」は発熱でバッテリー劣化を加速、特にゲームや動画、オンライン会議が顕著に



「ゲームや動画視聴しながらスマホを充電しない」

これさえ守ることができれば、スマホは長持ちしそうです。詳細は以下から。

中古携帯電話を取り扱う携帯市場のプレスリリースによると、同社と国立大学法人電気通信大学 i-パワードエネルギー・システム研究センター横川研究室が行った「スマホバッテリー劣化研究プロジェクト」によって、スマホを使って動画視聴やゲームを電源アダプタに繋ぎっぱなしで行う「ながら充電」が、バッテリー劣化の進行を早めることを突き止めたそうです。

具体的には高齢層では動画を見る人の半数以上、ゲームをする人の半分程度が「ながら充電」をしていたほか、若年層の大半も動画・ゲームをしながら充電していたとのこと。


さらにオンライン会議用にスマホを利用する傾向も増えていると想定され、新たなバッテリー劣化要因の一つになるとみられています。

ちなみにスマホやタブレットに用いられているリチウムイオン電池は熱に弱く、本体の発熱がそのままバッテリー劣化につながりますが、ゲームしながらの「ながら充電」は、ゲームせず充電する場合と比較してスマホ本体温度を一気に8.9度上げるなど、ダイレクトに影響を与える結果となっています。

・関連記事
【豆知識】新しいスマホで古いmicroSDカードを使い回してはいけません | Buzzap!

iPhone 12の最速充電対応「Anker PowerCore Fusion 10000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーに最上位モデル登場 | Buzzap!

【豆知識】本当は怖いスマホの「充電しっぱなし」、あまりに続くとバッテリーが膨らんでこうなります | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 「Zenfone 8 Flip」最安価格から2割近く大幅値下げ、風景も動画も自撮りもキレイに撮れる回転式カメラが楽しい1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング