【豆知識】本当は怖いスマホの「充電しっぱなし」、あまりに続くとバッテリーが膨らんでこうなります

このエントリーをはてなブックマークに追加



「満タンになっても充電ケーブルをつなぎっぱなしにし続けて使っていると、バッテリーが劣化する」というのはよく知られる話。

では実際劣化したバッテリーはどうなるのか、その答えを非常にわかりやすい形で見ることができました。詳細は以下から。

これが某家電量販店店頭にあったiPhone 7。ディスプレイが不自然に盛り上がっているように見えますが……?


横から見るととんでもないことに。店頭展示のため常に充電しながら利用されたことでバッテリーが劣化・膨張してしまった結果、画面部分が押し出されています。初めて防水機能を実装したiPhone 7でしたが、これでは水しぶきすら防げません。


このようなケースは決して珍しくなく、常に充電しっぱなしの自営業者や専業主婦、極端なまでのライトユーザーなどでも起きる話。実際Buzzap!編集部でも報告例が上がっています。

ちなみにKDDIが運営するメディア「TIME&SPACE」によると、電池を満充電や電池切れ状態(その付近も含む)で放置すると「保存劣化」が起きるとのこと。

また、バッテリーは熱に弱く、劣化が加速してしまいます

つまりただでさえ常に満充電なところに、「少しでも電池を減らさないよう充電しながら使う」などした結果、スマホが発熱してしまい「膨らむバッテリー」を生み出していると考えられるわけです。

さらに品質が悪い充電器も発熱要因。バッテリー容量が飛躍的に向上し、大電力を使った急速充電が可能となった今だからこそ、充電器には気を付けるべきです。

もし周りにそのような人がいる場合、それとなく注意喚起してみるのもいいかもしれません。


なお、iPhoneだけでなくiPadもこの通り。


タブレットも決して例外ではありません。

・関連記事
【豆知識】新しいスマホで古いmicroSDカードを使い回してはいけません | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneやAndroidの「充電器バラバラ」をEUが問題視、「共通充電器」登場か | BUZZAP!(バザップ!)

充電に困ったらここで聞け!安くて便利なアンカー初の常設店舗「Anker Store 南青山」に行ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

完全現場主導で開発、シャープの新機軸となる無料の携帯電話充電器「ソーラー充電スタンド」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加