XiaomiやOppoなど中国メーカー各社、スマホ出荷見通し大幅削減へ



コストパフォーマンスを武器に世界各国で快進撃を続ける中国のスマホメーカー各社に、陰りが見えています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、XiaomiやOPPO、Realme、Honorといったスマホメーカー各社が出荷の見通しについて悲観的になっているそうです。

これは10億を超える人口を抱える一大消費地のインド市場において、新型コロナウイルスが爆発的に流行していることを受けたもの。

すでに各社が全体的な出荷目標を段階的に引き下げているとされています。

・関連記事
高性能すぎる5G格安スマホ「POCO F3」颯爽登場、Snapdragon 870や美麗有機EL、立体音響採用で3万円台のハイエンドモデルに | Buzzap!

Xiaomi、OPPO、UNISOCら中国企業が一斉に5Gプロセッサ自社開発、クアルコムやMediaTekと全面戦争へ | Buzzap!

Xiaomiのスマートウォッチ「Mi Watch」レビュー、運動と体調を片っ端からモニターできて血中酸素飽和度(SpO2)も測定可能 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング