XiaomiやOppoなど中国メーカー各社、スマホ出荷見通し大幅削減へ



コストパフォーマンスを武器に世界各国で快進撃を続ける中国のスマホメーカー各社に、陰りが見えています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、XiaomiやOPPO、Realme、Honorといったスマホメーカー各社が出荷の見通しについて悲観的になっているそうです。

これは10億を超える人口を抱える一大消費地のインド市場において、新型コロナウイルスが爆発的に流行していることを受けたもの。

すでに各社が全体的な出荷目標を段階的に引き下げているとされています。

・関連記事
高性能すぎる5G格安スマホ「POCO F3」颯爽登場、Snapdragon 870や美麗有機EL、立体音響採用で3万円台のハイエンドモデルに | Buzzap!

Xiaomi、OPPO、UNISOCら中国企業が一斉に5Gプロセッサ自社開発、クアルコムやMediaTekと全面戦争へ | Buzzap!

Xiaomiのスマートウォッチ「Mi Watch」レビュー、運動と体調を片っ端からモニターできて血中酸素飽和度(SpO2)も測定可能 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング