Xiaomi、OPPO、UNISOCら中国企業が一斉に5Gプロセッサ自社開発、クアルコムやMediaTekと全面戦争へ



長年スマホ向けプロセッサなどでトップシェアを誇っていたクアルコムの地位が大きく揺らぐことになりそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国の半導体企業UNISOCUnisocが2021年第2四半期後半~第3四半期初めにかけて、6nmプロセスを用いた5Gチップセットを展開するそうです。

さらにクアルコム製プロセッサの大口顧客だったXiaomiやOPPOも2021年末までに自社開発のものを導入する予定。世界トップシェアのスマホメーカーがこぞって脱クアルコムへと動きます。

そのため、これらの企業による新たな5Gチップセットは、クアルコムとMediaTekが支配する世界の5Gモバイルチップ市場に多くの競争をもたらすとされています。

なお、中国企業が5Gチップ自社開発を積極的に進める一方、問題となるのがファウンドリの生産キャパシティ。

同じ台湾にある世界最大手の半導体受託生産企業「TSMC」と密接に連携したMediaTekは、2021年上半期にクアルコムを抜いて世界シェア1位に躍り出る可能性がありますが、世界的な半導体不足で生産キャパシティは依然としてタイトなまま。

どれだけ高性能なプロセッサを開発できても生産できなければ意味がないため、当面はファウンドリと上手く手を組むことができたメーカーだけが、5Gスマホチップ市場での存在感を高められるようになります。

・関連記事
ソフトバンクから盗まれた「5G」機密情報、楽天モバイルのサーバーや業務用PCで確認される | Buzzap!

ドコモの5G必須特許保有数が世界3位に浮上、ファーウェイを上回り通信事業者として世界首位に | Buzzap!

auが5Gエリア一気に拡大へ、既存周波数(3.5GHz帯)をさっそく転用開始 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ再び、大画面にステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適
  3. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  5. 「スマホの店頭即時修理」ドコモショップで開始、60分で修理できてデータ移行不要、しかもバッテリー交換も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング