ドコモの5G必須特許保有数が世界3位に浮上、ファーウェイを上回り通信事業者として世界首位に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが5Gにおいて存在感を発揮しつつあることが明らかになりました。詳細は以下から。

(PDFファイル)NTTドコモの報道発表資料によると、サイバー創研が行った調査「5G標準必須特許に関する主要技術・サービスの開発動向について評価・分析」において、5Gサービスを提供する際に必要な標準規格で必須の特許保有数が世界3位になったそうです。

これは2020年10月の調査結果(世界第6位)から大きく順位を上げたもの。具体的にはHuaweiやZTEといった中国勢やNokiaを抜いています。


5G標準化主要プレイヤーの技術提案数。ファーウェイが群を抜いていることが分かります。


「その他」を除く各社を国ないし地域別でまとめるとこんな感じ。中国と韓国が5G推進で突出し、欧米の存在感が薄まりつつある傾向は変わりません。

中国:22.8%(Huawei、ZTE、CATT、vivo、OPPO、Lenovo)
韓国:19.7%(Samsung、LG)
ヨーロッパ:13.8%(Nokia、Ericsson)
アメリカ:14.1%(Qualcomm、InterDigital)
日本:12.6%(Docomo、NEC)
台湾:3.2%(Sharp)

・関連記事
NTTによる総務省の接待とドコモ子会社化の関連は?KDDIやソフトバンクがNTT再編見直しや真相究明を求める意見書 | Buzzap!

総務省への接待で激震のNTT、「贈賄防止ハンドブック」を作成し国内外の全社員に周知していた | Buzzap!

「ahamo」月額2700円に値下げ、「5分間通話定額」込みなら3キャリア最安に | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング