総務省「SIMロック原則禁止」を2021年10月から導入、なお例外規定あり



「ドコモショップで買ったスマホをau回線で使う」といったことがより簡単になります。詳細は以下から。

総務省の「(PDFファイル)移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン」によると、2021年10月1日からSIMロックが原則的に禁止されるそうです。

今まではスマホの割賦代金を支払わない、端末を詐取する目的で契約する……といった行為を防ぐために、特定の携帯電話会社の回線でしか使えないようにするSIMロックが認められていましたが、ついに原則禁止に。


ただし割賦代金不払いなどが行われるおそれが低いことが確認できない場合において、例外的に認められる場合があるとのこと。つまりユーザーの信用情報次第ではSIMロックが認められる場合があるようです。


しかし事業者は機種、ユーザー、販売店の店舗名、販売台数などを総務省に報告する必要があるため、おいそれとSIMロックを設定するわけにはいかなくなります。

・関連記事
iPhone一括0円再び?「5Gスマホはスマホ割引上限(2万円)の対象外に」とAppleが総務省に要望 | Buzzap!

高性能すぎる格安スマホ「POCO F3」値下がり、Snapdragon 870や120Hz有機EL、立体音響、大容量バッテリー、液冷機構てんこ盛りのハイエンドモデル | Buzzap!

「不人気、型落ちスマホの投げ売り」を総務省が禁止へ、ガイドライン改正でiPhoneが有利になりAQUOSやXperiaには大打撃 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  2. 8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  3. 【速報】「Redmi Note 11 Pro 5G」3万円台前半にいきなり値下げ、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ
  4. 8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  5. AppleがBOEに激怒、「iPhone 14」向け有機ELディスプレイ3000万枚の注文消滅か

モバイルに関連した楽天商品ランキング