「MNP後も同じメールアドレス」2021年中に実施へ、2022年夏から大幅前倒し



携帯電話会社を乗り換えても従来と同じメールアドレスを使えるようにする仕組みが実現することになりました。詳細は以下から。

時事通信社の報道によると、菅義偉首相は携帯電話会社を乗り換えても同じメールアドレスを利用できる仕組みについて「2022年夏までに」としてきた導入時期を早め、年内の実現を目指す意向を示したそうです。

これは首相官邸で公明党の政調会長らから携帯電話料金の適正化などを求める提言を受け取った際に語ったもの。

高齢者を中心に携帯電話会社の乗り換えを阻む要因として挙げられることの多い携帯電話のメールアドレス。システムの整備、利用コストを誰が負担するのかなど不明な点が山積みですが、年内に答えが出ることになりそうです。

・関連記事
楽天モバイル、MNPするだけで最大20000ポイント還元へ | Buzzap!

楽天モバイルにプラチナバンド割り当てか、総務省が電波を再配分する仕組みを整備へ | Buzzap!

公取委が「端末購入サポートプログラム」規制へ、残債免除に「端末の再購入」不要に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 楽天モバイルやpovo 2.0対抗の新プラン「合理的シンプル290」を日本通信が開始、月額290円で1GB使えて通話料も半額、しかもドコモ回線採用
  2. 【速報】楽天モバイル「3ヶ月無料」突然終了へ、新たなキャンペーンへの布石か
  3. 【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」登場、便利な片手持ちサイズでナビにも使えるSIMフリーモデル
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 実質3万円台で5G対応の新型「iPhone SE(第3世代)」は4~5月発売、部品製造も開始へ

モバイルに関連した楽天商品ランキング