楽天モバイルにプラチナバンド割り当てか、総務省が電波を再配分する仕組みを整備へ



楽天モバイルにプラチナバンドが割り当てられる仕組みが整いつつあります。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、総務省が電波の有効利用を検討する有識者会議で、周波数帯を再配分する仕組みを整備する方針を示したそうです。

これは携帯電話の電波が一定の認定期間を終えた後、同じ業者が再免許を受けて実質固定化していることを受けたもの。

建物の中などにも強いプラチナバンドについても競争促進に向けて例外扱いしないことが「適当」とされ、有識者会議は5月にも報告書案をまとめるとしています。

なお、国内で利用されているプラチナバンドは700MHz~900MHz帯。NTTドコモとKDDIが800MHz帯、ソフトバンクは900MHz帯を中心に整備を進めており、後から3社に追加で700MHz帯が割り当てられた経緯があります。

ちなみにプラチナバンドの再配分を求めている楽天モバイルがエリアを補完するための「パートナー回線」として提供しているのは、auがLTEサービス開始時に携帯各社に先駆けて全国を整備したプラチナバンドLTE。

各社ネットワークの根幹部分を支える周波数帯なだけに「再配分で既存ユーザーに影響が出ないか」という点だけは、気になるところです。

・関連記事
楽天モバイルへのau回線提供が東京都で終了、首都圏・関西・中部ほか全国各地でも順次終了決定 | Buzzap!

楽天モバイルが「Rakuten BIG s」発売、4眼カメラ搭載・ミリ波対応で程よいサイズの大型5Gスマホに | Buzzap!

楽天モバイル今度は「3ヶ月無料」に、1年間無料終了後もキャンペーン続行 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング