楽天モバイルへのau回線提供が東京都で終了、首都圏・関西・中部ほか全国各地でも順次終了決定



全国に携帯電話網を整備するためにまだまだ時を要し、エリアの穴埋めをau回線に頼っている楽天モバイル。

そんな同社が「本来の実力」で勝負しないといけない日がついに訪れました。詳細は以下から。

楽天モバイルへのローミング情報をまとめたKDDI公式ページによると、KDDIは2021年3月末に東京都でのau回線提供を終了したそうです。

これは「楽天モバイルの自前エリアの人口カバー率が70%を上回った場合、協議を経た上でKDDIはau回線の提供を終えることができる」というKDDIと楽天モバイルの協定を受けたもの。


さらに宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、奈良県、愛媛県、福岡県でもローミング提供を順次終了していくことが告知されており、千葉県、神奈川県については2022年3月末に原則終了すると明言されています。

首都圏でそれなりに使えるようになってきたものの、地下街や建物の中をはじめ「こんなところで?」と思うようなところで通信が不安定になることがある楽天モバイル。

昨年同社は基地局の整備計画を5年前倒し、2021年夏までに人口カバー率を96%に引き上げることを告知しています。


しかしある程度エリア整備が進むと、カバー率を引き上げるために過疎地などの整備も進めねばならず「人口カバー率を0.1%引き上げるために必要なコスト」が増えていくため、本当の意味で携帯3社に楽天モバイルが追いつくにはまだまだ時間を要しそうです。

・関連記事
楽天モバイル「1年間無料」4月7日に受付終了、300万人突破見込みにより | Buzzap!

楽天モバイルがエリアを急拡大し2021年夏までに人口カバー率96%へ、整備計画を5年も前倒し | Buzzap!

楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング