「Galaxy S21 FE」発売へ、記録的な販売不振に悩むSamsungが廉価版フラッグシップ投入



Galaxy S21シリーズの記録的な販売不振に悩むSamsungが、廉価版のフラッグシップスマホを投入します。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、半導体不足で生産停止説もささやかれた「Galaxy S21 FE」をSamsungが投入するそうです。

Galaxy S21 FEは6.4インチフルHD+有機ELディスプレイにSnapdragon 888、3眼カメラ(3200万画素、1200万画素、800万画素)、4370mAhバッテリーなどを備えたモデルとなる見通し。

ただしRAM容量は6GBと、12GB→8GBへと減ったGalaxy S21よりさらに減ることになります。

前モデルより性能を落とした代わりに200ドル安くなったものの、記録的な販売不振に陥っているGalaxy S21シリーズ。


よりコストパフォーマンスの高いGalaxy S21 FEの投入で巻き返しは図れるのでしょうか。

・関連記事
【速報】AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」発売記念でいきなり3万円台前半に、立体音響、爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ | Buzzap!

【速報】Xiaomiの超低価格タブレット「Mi Pad 5」発売、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルに | Buzzap!

【悲報】Samsungの「Galaxy S21」驚異的な販売不振、過去8年で最低最悪の売り上げに | Buzzap!

CPUやメモリなど「次世代半導体」研究開発に文科省が9億円もの予算を要求、一方サムスンは3年で23兆円 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング