10万円級の性能で価格1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリーにゲーマー向け液冷機構も



「Galaxy S20」「Xperia 1 II」など、昨年発売された10万円クラスのハイエンドスマホを上回る性能を実現して、お値段は3分の1。

わざわざ大金を支払ってスマホを買うのがバカバカしくなるXiaomiの新機種「POCO F3」が過去最安値を更新し、さらにお買い得になってしまいました。詳細は以下から。

◆10万円クラスの性能でお値段3分の1の高性能格安スマホ、過去最安に
これが今、最もアツい格安スマホ「POCO F3」。120Hz表示に対応した6.67インチフルHD+(2400×1080)有機ELディスプレイを搭載しており、メーカー各社のフラッグシップスマホと肩を並べています。


500万:1のコントラスト比、直射日光下でも視認性が落ちない最大1300nitの明るさ、より深い明暗差を表現できる「HDR10+」対応など表示性能はかなり高め。写真も映像も美しく楽しむことができます。


タッチ感度はまさかの360Hz。神業級の超高速連続タップすら取り漏らさない、ゲーマーにうれしい仕様です。


120Hzの高速表示と映像をフレーム補間する「MEMC技術」を組み合わせることで、ガクつきのないぬるぬる表示を実現。動画配信サービスやゲームを楽しむ時はもちろん、ブラウジングやマップを閲覧する際も快適です。


しかも立体音響技術「ドルビーアトモス」によって、臨場感あふれるド迫力サウンドを実現したステレオスピーカー搭載。美麗な有機ELディスプレイと組み合わせれば、あらゆるコンテンツを情感たっぷりに楽しめます。


特筆すべきが採用しているプロセッサ「Snapdragon 870」。Galaxy S20などが採用したSnapdragon 865を上回る性能を実現しており、正真正銘の最新ハイエンドスマホです。


バッテリー容量は一般的なスマホの1.5倍ほどとなる4520mAh。33Wの急速充電によって1時間足らずでフル充電できてしまいます。


スマホに搭載されているリチウムイオンバッテリーは熱に弱く、ゲームや充電で本体が発熱したり暑い場所にいる時などに劣化してしまうおそれがありますが、POCO F3は液冷機構を採用しているのも大きなポイント。せっかくの大容量バッテリーを傷めず、末永く使うことができます。


背面カメラは4800万画素広角(F1.79)、800万画素超広角(119度、F2.2)、500万画素マクロ(F2.4、3~7cm)の3眼仕様。


メインカメラの表現力はかなりのもの。


夜景モードを含む多彩なカメラモードはもちろん、高画質な2000万画素フロントカメラとAIを使った高品質な自撮りを楽しむこともできます。


さらに最新の無線LAN規格となるWi-Fi 6や5Gにも対応しており、超高速・大容量通信を実現。


これだけの高い性能と充実の機能を、わずか7.8mmの薄いボディに詰め込みました。


大きく見やすくきれいな有機ELディスプレイに立体音響による迫力のサウンド、最新の高性能プロセッサ、充実のカメラ、電池切れに悩まされない大容量バッテリーなどなど、非常に高い完成度を実現したPOCO F3。かなり作り込まれているのでレビュー記事もチェックしてもらいたいところです。

以下の通販サイト「Banggood.com」では6GB RAM/128GB ROMモデルがサイトにログイン後クーポンコード「BGe321db」適用で過去最安値となる3万4516円に値下がり。格安スマホと変わらない値段で正真正銘のハイエンドスマホ、爆誕です。

POCO F3 128GBモデル - Banggood.com


大容量の8GB RAM/256GB ROMモデルは「BG2e2864」適用で5万250円にまで値下がり。これなら128GBモデルを選んだほうがいいかもしれません。

POCO F3 256GBモデル - Banggood.com

・関連記事
【速報】AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」再び値下げ、立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ | Buzzap!

Xiaomiの低価格タブレット「Mi Pad 5」「Mi Pad 5 Pro」値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデル | Buzzap!

Core i5搭載の超小型PC「GMK NucBox 2」3万円台半ばに大幅値下げ、高性能で場所も取らないテレワークにも最適な格安パソコンに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング