Xiaomi「POCO X3 Pro」2万円ちょいに大幅値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に



ハイエンドスマホでおなじみ「Snapdragon 8XX」シリーズ、しかも最新版を搭載して2万円台という破格すぎるスマホ「POCO X3 Pro」がまたしても値下がりしました。

スマホに10万円台は出せない、でも可能な限り高性能な機種が欲しい」そんなニーズにぴったりです。詳細は以下から。

それでは「POCO X3 Pro」を解説。キズにも落下にも強いゴリラガラス6を採用した6.67インチフルHD+(2400×1080)液晶ディスプレイを備えています。


明暗差がある映像コンテンツも美しく表示できる「HDR10」に対応しただけでなく、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hzのぬるぬる表示を実現。動画視聴やゲーム、ブラウジング、マップ閲覧などあらゆる場面でガクつきません。


ひたすら画面を高速タップしても「タッチ抜け」が起きない240Hzのタッチレスポンスを実現。格安スマホにもかかわらず、ゲーミングスマホ並の機能が詰め込まれています。


さらにステレオスピーカーを搭載。高い表示能力と迫力のサウンドで動画視聴やゲームを楽しむことができます。


プロセッサはクアルコムの「Snapdragon 860」を採用。型落ち品の再利用ではなく、2021年に新造された4Gスマホ向けのハイエンドプロセッサです。


グラファイトを多層構造にしたヒートパイプや液冷機構を採用することで、ゲーム中でも効率よく本体を冷やすことができます。


高速なプロセッサだけでなくUFS 3.1の高速なストレージも採用しており、microSDXCカードで容量を増やすことも可能。サクサク快適に動く正真正銘のハイエンドスマホです。


バッテリー容量は一般的なスマホの約1.7倍となる5160mAh。電池切れを気にせずガンガン使うことができます。


最大33Wの急速充電にも対応。30分あれば6割近くまで充電できるため、充電し忘れた朝も安心です。


背面カメラは4800万画素メインカメラ(F1.79)、119度超広角800万画素カメラ(F2.2)、200万画素マクロカメラ、200万画素深度センサーの4眼構成。


4800万画素をフルに使えば、遠くの風景も高精細に撮ることができる上……


ナイトモードでは4つの画素を1つの巨大な画素として用いることで、メリハリの利いた夜景撮影を楽しめます。


フロントカメラは2000万画素(F2.2)。AIを使って美麗な自撮りを楽しむこともできます。


フロントカメラと背面カメラを組み合わせたデュアルビデオも、新しい映像撮影のアプローチです。


iPhone 13 Pro Maxと同じぬるぬる表示できる大きく見やすい画面、高い処理能力、高画質カメラ、急速充電対応の大容量バッテリーなどを組み合わせ、高い完成度を実現した「POCO X3 Pro」。

通販サイト「Banggood.com」では現在、サイトにログイン後クーポンコード「BGJPX3P6a」適用で128GBモデル(6GBメモリ)が2万3722円にまで値下がりしています。

POCO X3 Pro 6GB RAM/128GB ROM - Banggood.com


10万円以上で販売されているフラッグシップスマホ「Galaxy S21+」と同じ8GBメモリを採用した大容量の256GBモデルもクーポンコード「BGJPX3P8a」適用で2万8262円に値下がり。

たった4000円でメモリが増えて記録容量が倍になることを考えると、こちらの方がお得です。

POCO X3 Pro 8GB RAM/256GB ROM - Banggood.com

・関連記事
【速報】AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」3万円台前半に値下げ、立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ | Buzzap!

【速報】暗視カメラ付き格安スマホ「F150 R2022」発売記念でほぼ2万円に値下げ、暗闇で撮れてゲームもできてタフネス仕様で8000mAhの巨大バッテリーも | Buzzap!

Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング