「iPhone 14」はmini廃止でMax追加か、ついに『お手ごろ価格の大画面iPhone』登場へ



「画面の大きなiPhoneが欲しい」というニーズを満たそうとすると、少なくとも13万円以上を支払う必要がある昨今、うれしいニュースが流れ込んできました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは来年発売の「iPhone 14」シリーズにおいて「iPhone 14 mini」を廃止する代わりに「iPhone 14 Max」を投入する見通しだそうです。

つまりProシリーズだけでなく、無印のiPhone 14にも6.7インチ前後の大きなディスプレイを採用したモデルがラインナップされることになります。

なお、iPhone 14 miniが廃止される見通しなのは、ひとえにiPhone 12 miniの売り上げが悪かったため。小型スマホは一定のニーズが見込める一方、本体の発熱やバッテリー容量の問題が常に伴うという弱点もあります。

お手ごろ価格で画面の大きなiPhoneがリリースされればシニア層も積極的に取り込めることを考えると、なかなか悪くない戦略かもしれません。

・関連記事
【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた | Buzzap!

「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた | Buzzap!

【続報】「3ヶ月で壊れる」シャープ人気格安スマホ「AQUOS sense5G」その後も不具合の報告続々、本体設計に問題か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング