「iPhone 14」ついにノッチ無しに、全モデルで120Hz表示に対応か



iPhone 13で少し小さくなった「ノッチ」が無くなる日が訪れるかもしれません。詳細は以下から。

海外の有名リーク者たちがもたらした情報によると、Appleが現在、新型iPhoneのためにGalaxy Sシリーズなどに採用されているような「パンチホール式」ディスプレイの実装をテストしているそうです。

これはフロントカメラとFace IDを実装するために2つの異なる大きさの穴を使ったもの。

あくまで開発中のため、実際に採用されるかどうかは分かりませんが、パンチホール式でもiPhoneらしいスタイリッシュさを損なわずにいられるでしょうか。

また、かねてからウワサされているように「mini」が廃止され「Phone 14 Max」とでも呼ぶべき大画面モデルがラインナップされる見通し。

すべてのモデルで120Hz表示が可能になる可能性も指摘されており、ディスプレイの大幅な刷新を期待できるかもしれません。

・関連記事
新型「iPhone SE(第3世代)」2022年春に発売か、5G対応でiPhone 13と同性能に | Buzzap!

「iPhone 13はつまらない」不人気が圧倒的で購入予定者も激減、iPhone 14以降を待つユーザーが大半に | Buzzap!

【速度比較】「auは500Mbps、楽天は10Mbps」iPhone 13商戦に『基本料0円』で激突のauと楽天モバイルの通信速度を比べたら整備不足が浮き彫りに | Buzzap!

【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)