「iPhone 13はつまらない」不人気が圧倒的で購入予定者も激減、iPhone 14以降を待つユーザーが大半に



iPhone 13は思った以上にユーザーの関心を引きつけられていないようです。詳細は以下から。

◆iPhone 13購入予定、わずか2割に
Appleのお膝元、アメリカの調査会社「SellCell」がiPhoneユーザー5000人を対象に行った調査によると、iPhone 13を買う予定があるユーザーは全体の23.2%にとどまるそうです。

これは43.8%が購入する意向を示した2ヶ月前の調査と比較して、実に20.5%も低い数字。iPhone 13が代わり映えしないと感じたユーザーの多さを物語っています。


iPhone 13シリーズを「全くワクワクしない」「あまりワクワクしない」と答えたユーザーは64.1%と全体の3分の2。上記の結果を裏付けています。


◆不人気すぎるiPhone 13 mini、Proシリーズの120Hzディスプレイが注目
また、iPhone 13を購入する予定のユーザーが注目しているのは「iPhone 13 Pro」ないし「iPhone 13 Pro Max」でその数なんと68.8%。miniを求める層は9.4%しかいません。


気になる機能はProシリーズに採用された「120Hzのディスプレイ(34.1%)」で、次に「より長いバッテリー寿命(25.3%)」がランクインしています。


◆購入を見送った理由は?
一方、iPhone 13を見送った最も大きな理由としてユーザーが挙げているのは「Touch IDがないから(29.3%)」というもの。


次に買う予定の機種は「iPhone 14(36.8%)」で、「2年以内に機種変更しない(32.3%)」もかなりの数に。つまり大多数のユーザーがiPhone 13を見送り、iPhone 14以降を待っていることになります。


なお、もしAndroidに乗り換える場合「Pixel(45.1%)」「Galaxy(41.8%)」の2択に。なんと「OnePlus」が3位にランクインしています。


国内の小売関係者も「代わり映えしない」「売れ行きに勢いがない」と筆者に述べていたiPhone 13。

「iPhoneユーザーでさえiPhone 14以降を待つ」という結果が出たのは非常に興味深いことかもしれません。

・関連記事
【速度比較】「auは500Mbps、楽天は10Mbps」iPhone 13商戦に『基本料0円』で激突のauと楽天モバイルの通信速度を比べたら整備不足が浮き彫りに | Buzzap!

【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた | Buzzap!

「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた | Buzzap!

【解説】「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」ざっくり比較、無印とProで処理能力が異なる初のモデルに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  4. 「Xperia 1 V」本体写真流出か、カメラセンサー大型化で発熱問題の解消に期待も
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング