20周年の「Windows XP」、今なお多くのユーザーが使い続けていることが明らかに



最新OS「Windows 11」リリースで家電量販店のパソコンコーナーがにぎわう中、20年前のOSが今なお現役の人たちがいます。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2001年10月25日にリリースされた「Windows XP」が先日20周年を迎えたそうです。

Windows XPは2009年4月14日にメインサポートを終え、2014年に延長サポートも終えたOS。

今となってはセキュリティの問題が山積みですが、マイクロソフトからサポートを受けられなくなって7年半が経過してなお、利用しているユーザーがいるとのこと。

なんと2021年9月時点でインターネットに接続しているWindowsユーザーの0.59%を占めており、世界中に展開されているWindowsパソコンの数を考えると、かなりの数になります。

なお、非常に興味深いのが旧ソ連の一国、アルメニア。なんと53.5%がWindows XPユーザーという驚くべき事態となっています。

・関連記事
まもなく登場の「Windows 11」、期待しているのは中高年だけで若者は「知らない」が圧倒的多数に | Buzzap!

【速報】Core i7搭載の格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」競合の半額に、ゲームに最適化された高性能GPUでデュアル4K出力対応も | Buzzap!

ドンキPC以下の性能で11万円超え、富士通の最新パソコン「LIFEBOOK AH42/F3(Celeron、4GBメモリ)」がすごい | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング