「格安Galaxy」向け独自CPUをSamsungが開発、最新プロセスで消費電力を大幅削減も



「最新技術で作った格安スマホ向けプロセッサ」という、なかなかユニークな試みです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungは現在「Exynos 1280」と呼ばれるプロセッサを開発しているそうです。

かねてから開発中であることが取りざたされてきた「Exynos 2200」がハイエンド向けであるのに対し、Exynos 1280は格安スマホ向けになるとのこと。

しかし格安スマホ向けのエントリーモデルながら製造に最新の5nmプロセスを用いるとされており、消費電力の大幅削減などが期待できます。

なお、とても興味深いのがExynos 1280は「格安Galaxy」以外にも採用される可能性がある点。

すでに同社製プロセッサを搭載したスマホをリリースしているvivoなどでも採用されれば、スマホ向けプロセッサ市場で先行するクアルコムやMediaTekなどの牙城を少しずつ崩していけるかもしれません。

・関連記事
【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げ再び、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

2万円の超格安パソコン「GREEN G2」発売記念で値下げ、高性能CPUにメモリ8GB/256GB SSDの安定仕様でドンキPCなど圧倒 | Buzzap!

Xiaomi「POCO X3 Pro」さらに値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング