データを盗んでスマホを初期化、Android向けウイルス「BRATA」新種がGPS追跡やスクショ盗撮など凶悪すぎる進化を遂げてしまう



世界で最も利用者の多いOSとなったAndroidに凶悪すぎるウイルスの新種が現れました。

安心できるアプリ以外はダウンロードしない方が良さそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、かつてAndroid向けに猛威を振るったリモートアクセス型トロイの木馬「BRATA」の新種が登場したそうです。

新種の1つ「BRATA.A」はGPS追跡機能やスマホを工場出荷時にリセットする機能を追加したほか、「BRATA.B」は同じ機能に加えて銀行のオンラインサービスへのログイン情報をキャプチャすることが可能に。

さらにユーザー補助機能を悪用して画面に表示されている情報をスクリーンショットできるため、『情報を盗み取った挙げ句にスマホが初期化される』という、身も凍るような事態を招いています。

なお、新種の恐ろしいポイントがアンチウイルスサービスなどを回避してしまうところ。

最も有効な対策として「アプリにユーザー補助や管理者権限を与えない」「ある程度信頼できるアプリ配信プラットフォーム(Playストアなど)を使い、不審なアプリはダウンロードしない」などが挙げられます。

イギリス、ポーランド、イタリア、スペイン、中国、ラテンアメリカなどで流行中のBRATA新種。万が一、日本向けの亜種が出てしまった時のことを考えて用心しておくに越したことはありません。

・関連記事
【独自】3ヶ月で壊れる格安スマホ「AQUOS sense5G」不具合をシャープが認めて謝罪、再起動ループやWi-Fi利用不能は製造上の問題が原因で修理以外の解決策が無いことも明らかに | Buzzap!

iOSやAndroidに代わる「第3のOS」をインドが独自開発か、Windows PhoneやFirefox OSの歴史再び | Buzzap!

【悲報】Galaxy S22、独自開発の「Exynos 2200」搭載も一世代前のSnapdragon 888にCPU性能で負ける | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング