Anker史上最高音質の「Soundcore Liberty 3 Pro」大幅値下げ、進化したノイズキャンセリングやハイレゾ、耳の形に合わせた最適化など盛りだくさん



最新のノイズキャンセリングや各種高音質化技術を採用した、Anker史上最高音質の完全ノイズキャンセリングイヤホンが大きく値下がりしました。詳細は以下から。

Buzzap!編集部に読者から寄せられた情報によると、ドン・キホーテ店頭で「Soundcore Liberty 3 Pro(通常価格1万9800円)」が1万3824円で販売されているそうです。


Soundcore Liberty 3 Proは最新のノイズキャンセリングや各種高音質化技術を採用した、Anker史上最高音質の完全ノイズキャンセリングイヤホン。2019年に発売され、人気を博した高音質モデル「Soundcore Liberty 2 Pro」の後継機種にあたります。


前モデル同様、バッテリー駆動時間は最大32時間です。


高音と低音が調和した生演奏のような臨場感あふれるサウンドを実現するバランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した独自の「同軸音響構造(A.C.A.A) 2.0」を採用。前モデルと比較して30%の小型化にも成功しています。


ソニーが開発した高音質コーデック「LDAC」にも対応し、臨場感あふれるハイレゾ音声をワイヤレスで楽しむこともできます。


そしてSoundcore Liberty 3 Proの大きなアドバンテージがAnker独自の「ウルトラノイズキャンセリング2.0」。


周囲のノイズを自動で検知し、強度を自動で切り替えてくれるようになりました。おまけに風切り音を低減するモードまで備えています。


どうしても押さえておきたいのが「HearID」と「HearID ANCテスト」。ユーザーの耳が聞こえる音域や耳の形を測定することで、1人1人に合った音質やノイズキャンセリング性能を引き出せる最適化機能です。


各種イコライザーに加えて、立体的で広がりのある音場を再現できる「3Dオーディオ」など、音を楽しむための機能も充実しています。


ノイズリダクション機能を搭載した6つ(左右のイヤホンに各3つ)のマイクが周囲の雑音を除去するため、テレワークなどにも最適なほか……


スマホやパソコン、タブレットなど2台の機器に同時接続でき、必要に応じてワンタッチで切り替えられます。このあたりの機能を便利に感じるユーザーは相当数いるのではないでしょうか。


アプリでイコライザーの切り替えなども簡単。ユーザー1人1人に合った高音質化機能と使い勝手の良さを兼ね備えた、Ankerが自信を持って送る1台です。

・関連記事
1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル | Buzzap!

Xiaomi新型格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げで3万円に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応 | Buzzap!

「Xiaomi Pad 5」値下げ再び、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデル大容量版が格安に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング