低価格版「Apple TV」発売か、ChromecastやFire TV Stick対抗で数千円台の可能性も



Appleがストリーミングデバイス市場で本気を出すかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleに関するリーク情報で知られる著名アナリストのミンチー・クオ氏が2022年後半に新たなApple TVが投入される見通しであることを明かしたそうです。

新型Apple TVは製造コストを抑えたモデルになるとのこと。

なんとGoogleの「Chromecast」やAmazonの「Fire TV Stick」といった競合製品とのギャップを埋めるものになるとされているため、1万円を切る低価格となる可能性に期待できそうです。

・関連記事
【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル | Buzzap!

【速報】Core i7搭載で競合の半額な格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」大幅値下げ、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応 | Buzzap!

【速報】Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げで5万円台に、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング