SSDなど大幅値下げか、192層の3D NANDフラッシュメモリを中国YMTCが製品化し価格競争へ



SSDやmicroSDXCカードの値下げはもちろん、スマホやタブレット向けストレージへの良い影響も期待できそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国・紫光集団傘下の「長江ストレージ(YMTC、Yangtze Memory Technologies)」が192層の3D NANDフラッシュメモリの製品化にこぎ着けたそうです。

すでに顧客へサンプル出荷が行われていると業界関係者が明かしたとのこと。

多層構造を採用した「3D NAND」はフラッシュメモリの大容量化に欠かせない技術で、SamsungやSK hynix、キオクシアおよびWestern Digital連合など日米韓の企業が多層化でしのぎを削っており、YMTCは歩留まりの悪さに苦しんできました。

しかし192層の3D NANDフラッシュメモリを製品化にこぎ着けたことで、これらのメーカーと価格競争を繰り広げられるようになるため、フラッシュメモリ製品の値下がりなどが期待できそうです。

ついに最先端半導体製品の内製化にこぎ着けた中国。はたして「中華フラッシュメモリ」は世界を席巻するのでしょうか。

・関連記事
Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げで5万円台に、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル | Buzzap!

【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル | Buzzap!

【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング