「広告付きの格安プラン」をネトフリやディズニープラスが導入へ、CMの長さや内容で差別化も



「このまま値上がりが続くくらいなら」と思う人も相当数いるのではないでしょうか。詳細は以下から。

海外メディアの報道(12)によると、2011年以来初めてとなるユーザー減を記録したNetflixが2022年第4四半期に広告付きの格安プランを導入するそうです。また、新プラン導入に合わせてアカウント共有の取り締まりを開始するとのこと。

さらにディズニープラスも今年下半期に同様のプランを導入するとしており、1時間に4分程度の広告が流れる見込みとされています。

なお、「1時間に4分」という数字はディズニー傘下のHuluなど競合他社が提供する同様のプランよりも圧倒的に短いもの。

おまけにアルコールや政治関連の広告も入らない上、子ども向け番組からも排除するとしています。

・関連記事
Netflixが無料プラン試験導入、まさかの「広告なしで見放題」に | Buzzap!

ネトフリ実写「カウボーイビバップ」続編打ち切りへ、公開3週間でドラゴンボールや攻殻機動隊並みの黒歴史に | Buzzap!

「ガンダム」Netflixで実写映画化がついに決定、「キングコング:髑髏島の巨神」のロバーツ監督にて | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング