HTCが新型フラッグシップスマホを4年ぶりに日本投入か、ただし予定が大幅にずれ込み



世界初となるAndroidスマホのリリースにこぎつけ、日本ユーザーに向けて徹底的にカスタムしたauの高性能スマホ「HTC J Butterfly」シリーズで一世を風靡したHTCが、日本に帰ってきます。詳細は以下から。

海外の認証機関「Telefication」によると、HTCが「2QBK200」と呼ばれるスマホを日本市場向けにリリースする準備をしているようです。

また、海外メディアの報道によると、HTCは現在3年ぶりとなるフラッグシップスマホを開発中とのこと。

しかし中国のロックダウンが同社の供給網を直撃した結果、4月に発表されるはずだった新機種を5月末の今でも発表できずにいるとされています。

実に「HTC U12+」以来となる4年ぶりのフラッグシップスマホ。日本市場でお目見えするのはいつになるのでしょうか。

・関連記事
このスマホ覚えてる?HTCが今まで日本で発売した30機種一覧 | Buzzap!

【速報】「Redmi Note 11 Pro 5G」3万円台前半にいきなり値下げ、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ | Buzzap!

「小型スマホが売れない理由」を分かりやすく解説してみました | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング