【解説】ハイエンドスマホは2023年に買うべき非常に分かりやすい理由



気が付けば20万円が当たり前になりつつあるハイエンドスマホ。

どうせ高いお金を払うのであれば、買い時を考えたほうが良さそうです。詳細は以下から。

◆スマホ向けストレージが従来の2倍の速度に
規格標準化団体「JEDEC」によると、新たにスマホやタブレット向けのストレージとして「UFS(Universal Flash Storage)4.0」が発表されたそうです。

UFS 4.0ではUFS 3.1および3.0との下位互換性を維持しつつ、UFS 3.1の2倍にあたる4.2Gbpsの読み込み、書き込み速度を実現。

データ伝送速度の飛躍的な向上のみならず、従来の3.3Vよりも低い2.5Vでの低電圧駆動を可能にするなど、電力効率も向上しています。

◆CPU、メモリ、ストレージすべてが高速になるのは2023年
また、ストレージのみならずメモリも転換期を迎えており、まもなく発表されるiPhone 14 Proでは従来より高速な「LPDDR5」規格のメモリが採用される見通し。

しかし従来より高速かつ低い消費電力を実現する「3nmプロセス」で製造されたプロセッサは「Apple A17」以降となるため、iPhone 15 Proなど2023年発売のスマホでないと採用されません。

つまり3nmプロセスのCPU、LPDDR5メモリ、UFS 4.0ストレージなどの最新要素がすべて揃った高性能スマホを使いたければ2023年以降に買い替えるのがベストなわけです。

なお、Androidは「Snapdragon 8 Gen 2」の製造プロセス次第となるため、買い時が訪れるのは2023~2024年と流動的になる可能性があります。

・関連記事
【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げ、Galaxy S21級の性能が半額で120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向けの液冷機構も備えた格安スマホに | Buzzap!

「iPhone 15」もProのみApple A17搭載へ、3nmプロセス採用で処理能力の差が圧倒的に | Buzzap!

Appleが「iPhone 14 Pro」購入を強制しているこれだけの理由、実質一択状態に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング