【TGS2022】10分で遊べるRPG「サマーロード」プレイレポ、ゲームできないほど忙しい僕らのためのオート進行バトル



9月15~18日に開催されていた東京ゲームショウ2022から、Buzzap!編集部が気になったゲームを紹介していきます。詳細は以下から。

東京ゲームショウ2022のインディーゲームコーナー。


リビルドゲームスが開発するローグライクゲーム「サマーロード」が出展されていました。デモ版を試遊してきたので、紹介していきます。


本作は、なんと「ワンプレイ10分で遊べる」ことをウリにしたハック&スラッシュ系のRPG。

試遊したきっかけも、何を隠そう10分でクリアできるということ。

ありとあらゆるゲームが集うTGSにおいて全てのブースを回ることは不可能。自然とプレイ時間が事前に設定されたゲームに手が伸びてしまいました。

本作は3人の少年少女たちが主人公で、夏休みの街を歩き回ります。


開始と同時に、進行やバトルはなんと全てAIが自動操作。プレイヤーが行うことは、上部の画面を見ながら拾ったアイテムをキャラクターにドラッグ&ドロップで装備させていくこと。

初めのうちはやることが少ないゲームなのかと思いきや、ボスなどの撃破に成功すると加速度的にアイテムが増えていき、行動範囲も拡大。


また、相棒キャラクターの「モグ」に複数のアイテムを食べさせれば、より強いアイテムを錬成。



それ以上に、子供たちの装備入れ替えによる着せかえ要素が楽しく、ついつい想像を膨らませてしまいます。

そして上部のフィールド画面でもストーリーが進行し、少年少女たちのひと夏の冒険が10分で繰り広げられていきます。


プレイできたのはここまで。現在の制作進行度は30%ほどで、いずれは上部画面の拡大切り替えやストーリーの追加、ゲームの操作性などの開発を進めていくとのこと。

「サマーロード」はSteam向けに2023年発売予定としています。


プレイし終わって気が付いたのは、いつしか時間に追われていた自分と、ノスタルジックな夏休みを生きる少年少女たちの世界への憧憬。

かつて自分にもあったかもしれない少年時代を追体験できるゲームになっており、完成が待ち遠しい作品でした。

・関連記事
「東京ゲームショウ2022(TGS2022)」まとめ、3年ぶりのリアル開催に | Buzzap!

【速報】「スチームデック(Steam Deck)」速攻レビュー、Valveの新型携帯ゲーム機いよいよ国内発売へ | Buzzap!

【速報】「いっき」のサンソフトがなんとTGS2022にブース出展、新作オンラインゲームに昭和テイストあふれる空間も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング