「Pixel Tablet」まもなく登場か、Tensor採用で高性能な格安タブレットになる可能性も



安くて高性能なAndroidタブレットをGoogle自らが手がけることとなりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、現在開発中の「Pixel Tablet」がEVT(エンジニアリング検証テスト)の段階に差し掛かったことを関係者が明かしたそうです。

Pixel Tabletは10.95インチディスプレイに「Pixel 6」と同じ第1世代Tensor、背面デュアルカメラ、128GBないし256GBストレージ、Wi-Fi 6などを備えたハイエンドモデル。

スタイラスを使った入力までサポートする一方、モデムやGPS、近接センサー、気圧センサーなどの搭載は見送るとされており、コストを抑えた安価なWi-Fi専用機となるようです。

なお、一般的にEVTはハードウェアの仕様が決定した後に行われるものであるため、上記の仕様はほぼ確定しているとみられます。

価格次第では「Nexus 7」以来、実に10年ぶりとなるヒットを期待できそうなPixel Tablet。

発売時期は年明け以降とみられますが、「Androidタブレットの定番」の座を獲得できる完成度となることを祈るばかりです。

・関連記事
1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ再び、大画面にステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適 | Buzzap!

大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル | Buzzap!

折りたたみタブレット「Galaxy Tab Fold」ついに登場か、10インチ以上の大画面を手軽に持ち運び | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング