iPhoneに個人情報を特定する可能性があったことが明らかに、リアルタイムで行動が筒抜けか



Androidより個人情報保護などの面で優れているとされているiPhoneですが、決して完璧ではないようです。詳細は以下から。

iOS開発とセキュリティ研究を行う、ソフトウェア会社のMyskのツイートによると、iPhoneのデバイス解析データには名前や電話番号と関連付けられた「個人を特定できるID」が含まれているそうです。

含まれていたのはディレクトリサービス識別子(DSID)と呼ばれる識別IDで、名前やメール、電話番号などiCloudアカウント内のあらゆるデータと関連付けられているとのこと。

そのためApp Storeを閲覧した際に何をタップしたか、なにを検索してどの広告を見たか、特定のアプリをどういった経緯でどれくらい見たかなど、リアルタイムで行ったすべてのことが個人情報と紐付けられるとされています。

Appleはデバイス解析とプライバシーのページにて「収集された情報によって個人が特定されることはありません」としていますが、ツイートではそれが誤りだと指摘。

また「アナリティクスの共有」をオフにしていても、App Storeでの情報がAppleに送信され続けており、今のところ停止する方法はないとしています。

・関連記事
「iPhone 14 Pro」四半期だけで500万台の減産に、供給不足の深刻化が来年春まで続くおそれ | Buzzap!

au「1円のiPhone 13」割引拡大、新規契約や機種変更も割安で回線契約なしで割引も | Buzzap!

「iPhone 14 Pro」でカメラから謎の異音や画面がゆれる不具合、まもなく修正へ | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)