お絵かきソフト「クリスタ」が画像生成AI『Stable Diffusion』搭載を中止、ユーザーからの批判の声受け



ユーザーからの批判の声を重く受け止め、謝罪文が出る事態になっています。詳細は以下から。

CLIP STUDIO PAINT公式サイトによると、12月6日からお絵かきソフト「CLIP STUDIO PAINT」に試験的に実装予定だった「画像生成AIパレット」の搭載を取りやめたそうです。

これは画像生成AI「Stable Diffusion」を活用した作画補助機能で、生成したイメージを表すテキストと生成する枚数を入力すると、好みの画像が出力されるというもの。

CLIP STUDIO PAINTを開発するセルシスは、「必要な配慮が欠けていた」とし、今後画像生成AIを用いた機能を搭載しないとしています。

なお、11月29日の告知以降、Twitterなどではユーザーからの批判が国内外を問わず続出。中には「AIを使っていると疑われたらたまらない」といった声も上がっていました。





・関連記事
お絵かきソフト「クリスタ」に画像生成AI『Stable Diffusion』搭載へ、ユーザーからは批判の声も | Buzzap!

お絵かきソフト「クリスタ」アップデート打ち切りから一転、無償バージョンアップにサポート継続も | Buzzap!

お絵かきソフト「クリスタ」月額課金に、買い切り版はアップデート打ち切りへ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ソフトウェアに関連した楽天商品ランキング