お絵かきソフト「クリスタ」アップデート打ち切りから一転、無償バージョンアップにサポート継続も



8月に買い切り版のアップデート打ち切りが案内され、移行には月額課金が必要とされていた「CLIP STUDIO PAINT」。

ですが、ユーザーの声を受け大幅に変更されたようです。詳細は以下から。

CLIP STUDIO PAINT公式ページで、2023年3月にリリース予定のお絵かきソフト「CLIP STUDIO PAINT」バージョン2.0の価格や変更点、新機能などが発表されました。

8月時点の案内では、現行のVer.1(無期限版)は年内でアップデートを終了し、Ver.2.0を利用する場合には新しく無期限版を購入するか「アップデートプラン(年間契約)」が必要となっていました。

しかし今回ユーザーの意見を踏まえ内容を変更、2022年以降にVer.1(無期限版)を購入したユーザーにはVer.2.0を無料で提供するほか、2021年以前に購入したユーザーにも2.0にアップデートできる優待バージョンアップ(無期限・一括払い)を発売

また、Ver.1も「Ver.3.0」リリース後まで品質改善を継続。さらに学生などに向けてVer.2.0の無料モニターキャンペーンを実施するとのこと。

Ver.2.0の主な価格とプランはこんな感じ。価格はすべて税込です。

・CLIP STUDIO PAINT PRO
ダウンロード版(無期限・一括払い):5000円
優待バージョンアップ(無期限・一括払い):2000円
アップデートプラン(年間契約・年額):1100円
月額利用1デバイスプラン:月額480円、年額2800円

・CLIP STUDIO PAINT EX
ダウンロード版(無期限・一括払い):2万3000円
優待バージョンアップ(無期限・一括払い):6000円
アップデートプラン(年間契約・年額):3100円
月額利用1デバイスプラン:月額980円、年額7800円

ダウンロード版はver.1.0と価格据え置き、さらに優待バージョンアップも新しく買うよりもかなりの低価格に。なお、Ver.2.0の新機能や既存機能の改善として、

・顔のパーツを細かく調整できる「3Dデッサン人形頭部モデル」
カメラで撮影した手を3Dデッサン人形に反映する「ハンドスキャナー」
イラストに自動的に陰を生成する自動陰影
・テキスト機能、Webtoon関連機能の強化
レイヤー・オブジェクトの整列・分布
・よりリアルな混色を実現するブラシ混色
・保存中も作業を継続できるバックグラウンド保存
・回転する物体の表現に最適な回転ぼかしフィルター
・歪曲収差補正・パノラマ変換フィルター
・歪みツールの複数レイヤー対応

などが挙げられており、新バージョンにふさわしい内容となっています。

・関連記事
Google Playで2年以上前に開発されたアプリが非表示に、昔の売り切りゲームなど全滅か | Buzzap!

まもなく1年の「Windows 11」ユーザーわずか2%台、Windows 7以下であることが明らかに | Buzzap!

お絵かきソフト「クリスタ」月額課金に、買い切り版はアップデート打ち切りへ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング