まもなく1年の「Windows 11」ユーザーわずか2%台、Windows 7以下であることが明らかに



マイクロソフトの最新OS「Windows 11」への移行が思いのほか進んでいないことが明らかになりました。詳細は以下から。

トータルITソリューションを提供する「Lansweeper」社の公式サイトによると、2022年10月時点でWindows 11ユーザーは全体の2.61%しかいないそうです。

これはすでにサポートを終了した「Windows 7(3.38%)」を下回る数字。『Windows 8(1.52%)やWindows XP(1.27%)よりマシ』というレベルでしかありません。


さらに興味深いのが個人ユーザーと法人ユーザーのWindows 11インストール率。マイクロソフトにとって重要な顧客であろう法人分野が伸び悩んでいることが分かります。


なお、このような結果となった背景にあるのが「そもそもワークステーションがWindows 11の自動アップグレード要件を満たしていない」という点。実に42.76%がCPU部分でつまずいています。


システム要件を満たしていない場合でも手動でインストールできるものの、今後の更新が保証されないなど不安定な側面もあるWindows 11。

要件を満たすパソコンに買い替えようにも半導体不足や急激な円安が立ちふさがってしまうため、スムーズな移行は当面期待できそうにありません。

・関連記事
Windows 11でハードディスクのサポート終了か、メインストレージはSSDに一本化へ | Buzzap!

「Windows 12」2024年にリリースか、3年ごとの出荷サイクルへ | Buzzap!

20周年の「Windows XP」、今なお多くのユーザーが使い続けていることが明らかに | Buzzap!

まもなく登場の「Windows 11」、期待しているのは中高年だけで若者は「知らない」が圧倒的多数に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング