「Windows 12」2024年にリリースか、3年ごとの出荷サイクルへ



Windows 11の機能アップデートよりも先に、新しいWindowsが来るかもしれません。詳細は以下から。

Windows Centralの情報源によると、早ければWindows 11がリリースされた2021年から3年後の2024年に、Windows 12がリリースされる可能性があるそうです。

Windows 11がリリースされたのはWindows 10が出てから6年後でしたが、3年ごとの間隔になればWindows Vista、7、8、10がリリースされたのと同じペースに戻ることになります。

Windows Vista:2006年
Windows 7:2009年
Windows 8:2012年
Windows 10:2015年

当初は2023年に大型アップデート「Sun Valley 3」も予定されていたこともあり、Windows 12の登場はもう少し先と思われていましたが、その予定が廃止されてメジャーアップデートに切り替わることになるかもしれません。

・関連記事
Windows 11でハードディスクのサポート終了か、メインストレージはSSDに一本化へ | Buzzap!

【追記あり】「Windows 12」マイクロソフトが開発?なお11の普及率は1%未満 | Buzzap!

20周年の「Windows XP」、今なお多くのユーザーが使い続けていることが明らかに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ソフトウェアに関連した楽天商品ランキング