iPadにハイブリッド有機ELディスプレイ採用へ、大画面で薄型なのに低価格に



大画面なのに薄くて持ち運びやすくしかも低価格、そんないいこと尽くめのiPadになりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは2024年までに「ハイブリッド」有機ELディスプレイを搭載したiPadの技術開発を進めているそうです。

ハイブリッド有機ELはガラス基板とフレキシブル有機ELの薄膜封止方式を組み合わせたディスプレイ技術。

これにより基板の厚さは通常の半分以下となり、曲げたりすることも容易に。またフレキシブル有機ELディスプレイよりもコストが安くなるとされており、この技術によって生産コストを下げつつ薄型化に取り組んでいるとのこと。

ただハイブリッド有機EL技術が製品化できるようになるのは2024年以降とみられ、それまではミニLEDバックライト技術を採用する見込み。

また、そのために同社はTaiwan Surface Mounting Technology(台湾SMT) とサプライヤー契約を締結し、財政的に支援。現在生産している「iPad Pro」などのミニLEDバックライト技術の生産拡大と、ハイブリッド有機ELディスプレイ技術の支援に取り組むとしています。

そのため、ハイブリッド有機ELディスプレイの技術が成熟するまでの間に、ミニLEDディスプレイもさらに薄型化する可能性もありそうです。

・関連記事
安価な第10世代iPadとM2搭載iPad Proまもなく発売へ、iPadOS 16.1と同時リリースも発表会なし | Buzzap!

iPadに有機ELディスプレイ採用へ、本体の薄型軽量化も | Buzzap!

第10世代「iPad」は5G対応でUSB Type-C採用か、処理能力も向上するなど大きくモデルチェンジ | Buzzap!

新型「iPad Pro」は14.1インチの超大画面か、圧倒的な処理能力と4TBストレージのモンスターマシン | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング