安価な第10世代iPadとM2搭載iPad Proまもなく発売へ、iPadOS 16.1と同時リリースも発表会なし



iPad OSのバグによりリリースの大きく遅れていたiPadが、ついに発表されそうです。詳細は以下から。

BloombergのジャーナリストであるMark Gurman氏によると、「iPadOS 16」の最初のバージョンである16.1が、「10月24日と同週」にリリースされるそうです。

iPadOS 16.1は、目玉性能として最大8つのアプリを同時起動できる新しいマルチタスク機能「Stage Maneger」を搭載予定のもの。

しかしベータ版の時点で大きなバグや問題が多く、リリースが遅れていました。

そしてAppleは今月27日に第4四半期決算発表を予定しており、過去にも決算発表の週に新製品を発表していたことから、新型iPadの発表に合わせたものだとしています。

ただ新製品は同社のプレスリリースでのみ発表され、特別なイベントは開催されないとのこと。

今月末の発表では、A14 Bionicプロセッサ、USB-Cポートを搭載した廉価版の「第10世代iPad」と、M2プロセッサ搭載の新型「iPad Pro」を新製品として発売予定

さらに、いずれもM2プロセッサ搭載の新型「Mac mini」、および14インチと16インチディスプレイの「MacBook Pro」も発表されるとしています。

・関連記事
安価な第10世代iPadとM2搭載の新型iPad Proが2機種同時発売か、ただし生産に遅れも | Buzzap!

iPadに有機ELディスプレイ採用へ、本体の薄型軽量化も | Buzzap!

第10世代「iPad」は5G対応でUSB Type-C採用か、処理能力も向上するなど大きくモデルチェンジ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング