iPadに有機ELディスプレイ採用へ、本体の薄型軽量化も



写真や動画をさらに美しく楽しめるようになるだけでなく、本体を持ち運びやすくなるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは2024年発売を目指して有機ELディスプレイを搭載したiPadの技術開発を進めているそうです。

すでにSamsungやLGディスプレイなどのパネル供給元と複数のプロトタイプを製造し、テストプロセスを繰り返す段階に差し掛かっているとのこと。

また、本体の薄型軽量化のためにiPhoneの有機ELディスプレイでは見送られた「ドライエッチングプロセス」という工程が導入されるほか、パネルの耐久性を高めるための特別なコーティングも開発中。

2024年と聞くとやや遅いように思えなくもありませんが、iPadは年間6000万台という圧倒的な販売数を誇るだけに、かなり入念に品質の追求が行われているようです。

・関連記事
第10世代「iPad」は5G対応でUSB Type-C採用か、処理能力も向上するなど大きくモデルチェンジ | Buzzap!

新型「iPad Pro」は14.1インチの超大画面か、圧倒的な処理能力と4TBストレージのモンスターマシン | Buzzap!

「iPad」も値上げ避けられず、一番安い無印が5万円に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】性能十分で人気の「Alldocube iPlay 40H」値下げ、8GBメモリ搭載で動画もゲームも電子書籍もナビも楽しめる定番SIMフリー格安タブレット
  2. 超格安ハイエンドスマホ「moto S30 Pro」登場、わずか4万円で144Hz有機ELや5000万画素3眼カメラ、立体音響に超急速充電など充実の性能に
  3. povo 2.0が無料のデータトッピング配布へ、ただし「URL付きの偽メール」に要注意
  4. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  5. 大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング