第10世代「iPad」は5G対応でUSB Type-C採用か、処理能力も向上するなど大きくモデルチェンジ



無印iPadが大きく進化することとなりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、今年発売の無印iPadが大きく進化することを情報提供者が明かしたそうです。

具体的にはiPhone 12や第4世代iPad Airと同じ「Apple A14」を採用することで処理能力が向上するほか、5Gネットワークに対応。

さらにLightningでなくUSB Type-C対応となることで、充電器やケーブルを統一しやすくなります。

また、非常に興味深いのが「ディスプレイの仕様が変わるかもしれない」という点。

現行の10.2インチから10.5ないし10.9インチに画面が大きくなるだけでなく、解像度もiPad Air(2360×1640)と同じになる可能性があるようです。

・関連記事
新型「iPad Pro」は14.1インチの超大画面か、圧倒的な処理能力と4TBストレージのモンスターマシン | Buzzap!

iPhone 14合わせで新型「iPad Pro」「iPad 10」「AirPods Pro」「MacBook Pro」「iMac」「Mac Pro」「MacBook Air」など秋に発表か、史上類を見ない規模に | Buzzap!

新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング