【鬼課金】1.2GBで月額6270円の「ドコモ光ミニ」ようやく終了、当初から割にあわなかった誰得プラン



2016年の発表当初から割高感の強いプランでしたが、ついに料金の相場やサービスの実態がよくわからないユーザーが契約してしまう……といった悲劇もなくなるようです。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2段階定額を採用した光回線サービス「ドコモ光ミニ」の提供を2025年3月31日(月)に終了するそうです。

ドコモ光ミニは通信速度最大100Mbpsで、月額2970円で毎月200MBまで利用可能という「ひかり電話を主とした利用やインターネット利用時にデータ利用量が少ないユーザー向け」とされていたプラン。

200MB超過後は10MBあたり33円の従量課金制で、「1.2GBで上限の6270円に達する」という令和の時代にそぐわない高単価となっています。


なお2025年の終了に先がけ、2023年3月31日(金)に新規受付を停止するとのことです。

・関連記事
ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに | Buzzap!

ドコモが総額5億円分ポイント還元、ahamoユーザーも対象で口数2倍になるチャンスも | Buzzap!

【学割】月額990円でデータ使い放題の「ドコモ青春割」登場、破格すぎる内容も期間がネックに | Buzzap!

ドコモが月額1280円で10GBに「U15はじめてスマホプラン」を改定、5分無料通話も付いて1年後も割安な若者向け格安プランに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング