新型「iPad mini(第7世代)」がプロセッサ刷新で2023年発売か、「折りたたみiPad mini」は全く別の製品として展開へ



比較的低価格かつ高性能な小型モデルとして人気の「iPad mini」が、およそ2年ぶりに発売されるようです。詳細は以下から。

確度の高いモバイル業界のリーク情報で知られるアナリスト、ミンチー・クオ氏のツイートによると、Appleは2023年末から2024年前半までに新型「iPad mini(第7世代)」を発売するそうです。

これは新型プロセッサが搭載されるとみられているもので、現行のiPad mini(第6世代)は「A15 Bionic」が採用されていることから、「iPhone 14 Pro」と同じ「A16 Bionic」が搭載されると予想されています。

また過去に報じられた、10インチの「折りたたみiPad」が2025年に発売され、iPad miniに取って代わる製品になるという報道について、同氏は否定。

折りたたみ製品はiPad miniよりも価格が大幅に高くなると見込まれるため、ターゲット層が全く異なり、そのまま置き換わるとは考えにくいとしています。

ただ折りたたみiPadの存在自体は否定してはいないことから、既存の製品を置き換えるのではなく、新たな購買層向けにまったく違う製品ラインナップとして発売することになりそうです。

・関連記事
「折りたたみiPad mini」発売か、Galaxy Z Fold対抗でMacBookも20インチ超の折りたたみディスプレイ搭載へ | Buzzap!

新型「iPad Pro」はチタン採用で軽くて高耐久か、iPhoneやMacBook Proも追従へ | Buzzap!

「折りたたみiPad」発売ほぼ確実に、さらにMacBookも登場か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング