Xiaomi最新格安スマホ「Redmi Note 12 Turbo」開発中か、2~3万円台で120Hz有機ELディスプレイや高性能プロセッサ搭載の人気モデルに隠し球



昨年11月に正式発表されたXiaomiの新型格安スマホ「Redmi Note 12」。

たった2~3万円台でiPhone 14 Pro Maxと同じ大きさの120Hz対応有機ELディスプレイを備えるなど、圧倒的なコストパフォーマンスの高さで爆売れしていますが、どうやら未発表の隠し球があるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Xiaomiが「Redmi Note 12 Turbo」という新型スマホを開発中だそうです。

これは業界関係者から寄せられた情報で、クアルコム製のプロセッサを搭載してコードネームが「マーブル」ということ以外は一切不明とのこと。

しかしすでに発売された「Redmi Note 12」シリーズはSnapdragon 4 Gen 1搭載のRedmi Note 12以外、MediaTekの最新プロセッサ「Dimensity 1080」を搭載。

そのためRedmi Note 12 Turboはより高い処理能力を求めるユーザーに向けた、Snapdragon搭載の上位モデルとみられます。

・関連記事
1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ再び、カーナビ代わりにも使えるSIMフリーモデルに | Buzzap!

【大人気】Core i7搭載で競合の半額な「NVISEN MU02」大幅値下げ、ゲームも遊べる高性能GPUも備えた格安ハイエンドパソコンに | Buzzap!

Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」処分価格に、1億画素カメラや大画面有機EL、液冷機構、ステレオスピーカーなど機能充実の1台 | Buzzap!

Core i7搭載の格安ハイエンドPC「NVISEN FU01」値下げで過去最安に、超小型ながらトリプル4K対応でゲームも遊べる実用的な1台 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング