Androidスマホの大画面・高性能化鮮明に、6.6インチ以上が7割で12GB RAMや512GB ROMの人気も急上昇中



気が付けば4~5インチ台のモデルをほとんど見かけなくなってしまったスマートフォン。

今なお小型スマホを求める根強い声がある一方、大型化のトレンドは止まらないようです。詳細は以下から。

ベンチマークツールとして名を知られる「Antutu」が公開したデータによると、Androidユーザーが使っているスマホの大画面・高性能化が進んでいるそうです。

まず目を引くのは画面サイズで、1位が6.7インチ(32.4%)、2位は6.6インチ(23%)、3位が6.8インチ(13.7%)となっており、6.6インチ以上が約7割に達する結果に。反対に6インチ以下は殆ど見られなくなっています。


また、RAMも12GBのシェアが伸びる一方で4GB、6GB、8GBは軒並み減少傾向に。

ROMも256GBの割合が減少し512GBが増加するなど、従来ならフラッグシップ級しか持ち得なかったスペックのスマホが多く選ばれていることがわかります。


廃熱の問題を抱えずに済む、大容量バッテリーや高画質な大型カメラを搭載しやすいなどのメリットもあるスマホの大型化。

数年前まで6.4インチを「大画面」と解説していたことを踏まえると驚かされるばかりですが、ここで頭打ちとなるのか、更なるブレークスルーが起きるのかが気になるところです。

・関連記事
Xiaomi最新格安スマホ「Redmi Note 12 Turbo」詳細明らかに、120Hz有機EL搭載で2万円台の人気モデルに高性能で急速充電対応の隠し球 | Buzzap!

Xiaomiの超高性能な格安スマホ「POCO F5」詳細が明らかに、Snapdragon 8 Gen 1+や高精細ディスプレイに6400万画素カメラなど盛りだくさんで覇権確定か | Buzzap!

「Galaxy S23」2月1日に正式発表か、高性能なSnapdragon 8 Gen 2搭載で2億画素カメラ採用の「Ultra」も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング