Googleが対話AI「Bard」発表、最新の検索結果を学習でき「ChatGPT」に投資したマイクロソフトと競合か



2月8日にもオンラインイベントを開催予定のGoogleが、今日「ChatGPT」対抗となる対話型AIを発表しました。

イベントよりもやや前倒しとなるプロジェクト発表には理由があるのかもしれません。詳細は以下から。

Google公式ブログによると、同社は質問の受け答えや自然な文章の生成ができる対話型AI「Bard」を発表したそうです。


Bardは、同社が2年前に開発したチャットツール用の言語AI「LaMDA」を下敷きにした会話型AIサービスで、2月8日にオンラインで発表イベントも開催予定とされています。

複雑な話題を簡略化するなど、対話AI「ChatGPT」と同様に機能を備えているほか、さらにWeb検索を組み合わせることで最新情報を利用した質の高い応答が提供できるとのこと。

一般公開は今後数週間のうちに行われるほか、本日から「信頼できるテスター」に​​公開するとしています。

なお、Microsoft社もChatGPTと検索エンジン「Bing」を統合した新たなAIサービスを開発中で、Googleのオンラインイベント前日である2月7日に発表予定。


また、MicrosoftはChatGPTを開発するOpenAI社に100億ドル(約1兆3000億円)を投資すると報じられたほか、Outlookでの自動生成メールやOfficeアプリへのAI統合などの計画も進行しているとみられています。

Googleはこれに先んじてBardを発表したものとされており、両社のAIをめぐるサービス開発競争に今後も注目が集まりそうです。

・関連記事
Googleが対話AI「ChatGPT」の対抗サービスまもなく発表か、検索にAIを有効活用へ | Buzzap!

音声生成AI「VALL-E」をマイクロソフトが発表、3秒間のサンプルから自由に声や抑揚を再現できる革新的技術に | Buzzap!

【無料】Photoshop対抗の「Designer」マイクロソフトが発表、絵心なしでもテキストから生成できるデザインソフトに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品(PR)