iPhoneの有機ELを明るく低消費電力にする新技術「低屈折」導入か、iPad Pro(第7世代)への採用に期待も



最先端の3nmプロセスを採用した「Apple A17」によって、エネルギー効率が大きく改善し、処理能力の向上や消費電力の削減などが期待できるiPhone 15 Pro

どうやら今後プロセッサだけでなく、ディスプレイでも同様のアプローチが導入される可能性があるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、SamsungおよびLGのディスプレイ部門が、新たなアプローチを導入した有機ELパネルをスマホやタブレット向けに試作しているそうです。

両社が開発しているのはパネル内部の発光層に「低屈折CPL」と呼ばれる層を追加したもの。

反射による光の減衰を減らすことで消費電力を抑えつつ、輝度を上げることができるほか有機ELの弱点だった寿命の改善も期待できるとされています。

iPhoneやiPadなどへの実装に向けて交渉が進められている低屈折CPLを用いた新技術。ディスプレイの厚みが増す、製造コストが上がるなどの問題を抱えていることから、採用されるかどうかはAppleとの交渉次第とされています。

しかしディスプレイの電力効率が改善されることで得られる「バッテリー容量そのままで駆動時間が増える」「バッテリーを薄型化して容量を減らしても駆動時間が変わらない」といったメリットを踏まえれば、決して非現実的な話ではないようです。

・関連記事
格安で有機ELを修理できる新技術、スマホごとレーザー照射で本体交換いらずに | Buzzap!

「iPhone 15 Pro」いきなり深刻な供給不足か、極薄ベゼルの新型有機ELディスプレイに品質問題 | Buzzap!

新型「iPad Pro(第7世代)」13インチ有機ELで大型化確定へ、可変リフレッシュレート対応でさらに低消費電力に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)