「Galaxy S24 Ultra」などの詳細じわじわ明らかに、Snapdragon 8 Gen 3の実力も



Samsungの最新フラッグシップスマホの詳細が少しずつ分かってきました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Galaxy S24+(SM-S926)はSnapdragon 8 Gen 3と8GBメモリを搭載するそうです。

これはベンチマークアプリ「Geekbench」のスコアから明らかになったもので、3.3GHz×1、3.15GHz×3、2.96GHz×2、2.27GHz×2コアの構成になるとのこと。マルチコア性能はGalaxy S23シリーズから20%ほど向上しています。

また、Galaxy S24 Ultra(SM-S928)のバッテリーが4855mAh、Galaxy S24+は4755mAhになることが認証機関のデータから明らかになっており、容量自体は現行モデルとさほど変わらないことになります。

なお、「+」シリーズはかねてから売れ行きが伸び悩んでいましたが、著名なリーク情報提供者Ice Universe氏がGalaxy S24+について「現行の6.6インチから6.65インチへと大型化する」とコメントしていることから、わずかにテコ入れが行われるようです。

Galaxy S23シリーズに搭載された高クロック版「Snapdragon 8 Gen 2」を、さらに上回る性能を実現してしまうGalaxy S24+のSnapdragon 8 Gen 3。

引き続き高クロック版が採用されると考えたほうが自然ではありますが、もし既報通り従来と同じ4nmプロセスで製造されるのであれば、エネルギー効率の向上はさほど望めないとみられます。

にもかかわらず処理能力が上がるということは、バッテリーの持ちが悪くなったり発熱につながる可能性も考えられるだけに、注意深く見守る必要があるのかもしれません。

・関連記事
【悲報】「Galaxy S24 Ultra」カメラほぼ刷新なしの残念仕様に、iPhone 15 ProやPixel 8 Proに対抗できないおそれ | Buzzap!

廉価版「Galaxy S23 FE」まもなく発売、Snapdragonモデルも登場でGalaxy S22の完全上位互換に | Buzzap!

「Pixel Fold」をぶっ壊してみた動画が公開、競合のGalaxy Z Fold4との耐久性の差が明らかに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)