廉価版「Galaxy S23 FE」ズームカメラも刷新か、4年間のOSアップデート保証など渾身の格安ハイエンドスマホに



2年ぶりに登場する「Galaxy S」シリーズの廉価版が、攻めに攻めた内容となる可能性が浮上しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、正式発表前にもかかわらず「Galaxy S23 FE」の詳細が丸裸になってしまったそうです。

これは実績ある情報提供者Yogesh Brar氏が明かしたもので、各種仕様をまとめるとこんな感じになります。

ディスプレイ:6.4インチフルHD+(120Hz表示対応)
プロセッサ:Snapdragon 8 Gen 1/Exynos 2200
前面カメラ:1000万画素
背面カメラ:5000万画素(標準)、1200万画素(光学)、800万画素(超広角)
バッテリー:4500mAh(25W急速充電対応)
OS:Android 13(One UI 5.1)
アップデート保証:OS(4年間)、セキュリティ(5年間)
その他:ワイヤレス充電、防水防塵

そしてここで押さえておきたいのが「メインカメラだけでなく、ズームカメラも刷新される見通し」という点。

すでに「Galaxy S23」と同じ光学手ブレ補正対応の5000万画素メインカメラを搭載することが報じられていますが、光学3倍ズームカメラについても(Galaxy S21 FEと同じ)800万画素から1200万画素へとアップグレードされる可能性が浮上したわけです。

Snapdragon 8 Gen 1版とExynos 2200版が展開されることなども含めて「Galaxy S22をベースにした廉価版」と考えて良さそうなGalaxy S23 FE。

格安モデルにありがちな「カメラが微妙」というウィークポイントを克服できるのであれば、人気を集めることとなりそうです。

・関連記事
4万円台でFF14も遊べる格安PC「T-BAO MN56U」値下げ、省スペースでトリプルディスプレイ対応の仕事でもプライベートでも使えるモデル | Buzzap!

【速報】1万円ちょいの超格安タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ、大画面にステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適 | Buzzap!

Core i9超えの高性能で4万円台の新型パソコン「T-BAO MN56」値下げ、FF14も遊べるコンパクトモデルに | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)