「iPhone 15 Pro Max」バッテリー容量ほぼ変わらずも電池持ちは改善、最強のiPhoneに恥じない性能でAndroidスマホを圧倒か



前機種と違ってバッテリー容量が減る事態は避けられた上に、数値以上の使い勝手が期待できるものになりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、「iPhone 15 Pro Max」のバッテリー容量は前機種と比べあまり変わらないものになるそうです。

これはiPhoneに関するリーク情報を多数提供しているMajin Bu氏により明かされた情報で、「iPhone 14 Pro Max(4323mAh)」より約2%大きい4422mAhになるとのこと。


前機種から700mAh近く増えた「iPhone 13 Pro Max」に比べると微妙に思えますが、「ズームカメラのスペースを確保するためバッテリーが犠牲になる」という可能性もあったとされているため、むしろ良いニュースかもしれません。

さらに、3nmプロセスで製造される高性能な「Apple A17」プロセッサにより数字以上のバッテリー持ちも期待されているiPhone 15 Pro Max。

カメラ性能や処理能力のみならず、利便性に直結する電池持ちまで優れた「完全無欠のiPhone」として降臨してしまいそうです。

・関連記事
iPhone 15や新型AirPodsが9月12日(日本時間9月13日)発表へ、いずれもUSB Type-C対応で充電が簡単に | Buzzap!

楽天モバイル「iPhone 8」など型落ちモデル下取りで高額還元、サポート切れを処分しつつ最新iPhoneが割安に | Buzzap!

「iPhone 15 Pro Max」バッテリー容量ほぼ変わらずも電池持ちは改善、最強のiPhoneに恥じない性能でAndroidスマホを圧倒か | Buzzap!

iPhone 17 Pro向け「Apple A19」開発に着手、圧倒的な処理能力と低消費電力を実現する2nmプロセスでAndroidスマホを再び周回遅れの悪夢に | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)